若返りにはフェイスリフトの手術がおすすめ

お肌の若返りのためにフェイスリフトを美容整形外科で受けたという人はいますが、どういった手段で皮膚を引き上げるものなのでしょう。近年では、フェイスリフトの手段としてSMAS法と呼ばれる方法が使われています。SMAS筋膜という、皮膚と筋肉の間に存在している部位も引き上げるというものです。

 

皮膚だけでなく組織全体をリフトアップすることができる方法なので、若返りの効果を長い期間持続することができます。SMAS法では、まず耳の手前のシワに合わせて耳の後ろまでを切開することが最初です。SMAS法ではたるんだ顔の皮膚とSMAS腹膜を剥離して引き上げ、自然な位置で固定していきます。

 

SMAS法の利点は、皮膚と一緒に脂肪を持ち上げられることです。最後に、使わない皮膚を切り取って皮膚を縫います。施術部位は局部麻酔をしてから行うため、強い痛みが出ることはありません。施設によってフェイスリフト手術にかかる時間は変わりますが、おおよそ2~3時間です。入院せずとも、1週間くらいで抜糸ができます。

 

フェイスリフトの手術後は人によっては赤く腫れることがありますが、10日から2週間でひいていくでしょう。3カ月くらいで腫れは全て引きますので、そうなればフェイスリフトの効果がどのように出たかがわかります。若返りのためにフェイスリフトの手術を受ける場合には、術後のケアのことなども含めて、しっかりと医師と相談をすることが重要だといえるでしょう。

サプリメントは飲み方により吸収が悪くなる

飲み方1つで、サプリメントは効果が生かせるものと十分でない場合があるといいます。サプリメントを飲む時にお茶やジュース、コーヒーを使うのは適切な飲み方ではありません。ジュースでサプリメントを飲むという方法は、毎回必ず問題があるということではありません。

ジュースの種類によっては副作用などの悪い影響がある場合もあります。例えば、オレンジジュースでビタミンのサプリメントを摂取するという飲み方はいい結果になったということもありますが、逆に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。例えばグレープフルーツのジュースは、血圧を下げる効果があります。
サプリメントを摂取する時にグレープフルーツジュースを使うと、腸に存在する薬物代謝酵素が十分に動かないこともあります。サプリメントを飲む時は水を使うようにして、ジュースは避けてください。

同様に、お茶やコーヒーを使ってサプリメントを飲むのもおすすめできません。タンニンやカフェインが含まれているお茶をサプリメントと一緒に摂取すると、栄養素が吸収されづらくなります。せっかくサプリメントを飲むわけですから、その吸収が抑制されてしまうような飲み方はよくありません。
吸収効率を考えるならは、お茶のタンニンと鉄がくっつかないよう、鉄サプリメントの時は特に注意です。他にも牛乳やコーラ、お酒などと一緒にサプリメントを摂るという飲み方は、サプリメントの効果を阻害する事がありますので避けるようにしましょう。

 

 

メディカルエステの施術内容

たくさんの人がきれいになるために使っているというメディカルエステには、どんな美容施術があるでしょうか。メディカルエステは専門医のいる医療機関なので、エステなどよりはずっと高性能の機械が使えます。ただし、メディカルエステは施設によって内容が違います。

一般的に機器を使った施術と注射による施術があります。レーザーは出力が強すぎるので美容エステでは使えないものですが、メディカルエステならば医療機器としてレーザー脱毛を受けられます。点滴や注射によるメディカルエステの施術で代表的なものは脂肪融解注射による痩身コースです。

皮下脂肪を溶かし体外に出すために、脂肪分解酵素をつくる効果がある薬品を、脂肪を除去したい部位に注射をするというやり方です。こうなりたいというボディバランスになるまで、メディカルエステで脂肪融解注射ができます。アンチエイジング効果を得るためのメディカルエステもあります。古い角質やメラニン色素を薬剤で溶かすピーリングやレーザー光線でしみやしわを目立たなくするものが人気です。

メディカルエステは専門知識を持つ医師の判断によって行われるものなので、レーザー機器や強い薬液を使っても、肌へのリスクを避けることができます。メディカルエステの施術内容にはさまざまなものがありますが、アフターケアまで医師の指導の下してもらえるので安心して受けることができるでしょう。

 

メディカルエステの注意点

医療機関が行うメディカルエステが人気ですが、メディカルエステを使う時にあらかじめ知っておきたいこととはどんなことでしょうか。メディカルエステを受ける時には、エステのような商品の勧誘行為はありませんが、欠点が全くないというわけではありません。メディカルエステは、一般的なエステよりも金銭的な負担が高くなってしまいがちだといいます。メディカルエステで使われているレーザー機器や吸引器、低周波器など機械は高額なものが多いようです。

施術の費用が高くなるのは、このような理由があるためです。エステメディカルエステも同じですが、一度施術が終わることはまずありません。何回も行けばいくだけコストはかかりますので、そのつもりで利用しなければなりません。

後々にトラブルにならないよう、費用の請求はいつどのくらい行われるかを知っておきましょう。条件によっては、メディカルエステを受けたくても利用できない場合があります。アトピー体質や持病のある人です。施術後にトラブルが起きないように、事前にしっかりカウンセリングを受け、疑問点はなくしてからメディカルエステを受けましょう。本来メディカルエステは医師が常駐していることが不可欠ですが、実際には提携しているだけで医師がいないところもあるので注意しましょう。