ヒゲ抜きによる脱毛方法について

ヒゲを毛抜きで抜くというやり方は、ヒゲの脱毛の中でも自宅で気軽にできるものです。カミソリで処理する場合には、肌の表面に出ているヒゲだけしかできませんが、毛根ごと毛抜きでの脱毛は抜いてしまうことができるでしょう。ヒゲの再生サイクルを剃るよりも長くすることも可能です。

毛抜きさえあれば特別な道具が必要ないことも毛抜き脱毛の利点です。それほど高い品物ではなく、手軽に買えるのが毛抜きです。シェービングジェル等の道具も特別に用意する必要はないでしょう。毛抜きは錆びにさえ気をつけていれば、カミソリのように替え刃をする必要がありません。毛抜きによるヒゲの脱毛をする方法には、欠点もいろいろあります。ヒゲが多少でも伸びなければ抜くことができないのは、毛抜きでヒゲをつまんでしっかり引っぱらなければならないからです。

肌にかかる負担が抜く時はかなりありますし、多様なりと痛みがあります。20代のうちは肌の新陳代謝もいいので、毛抜きでヒゲを脱毛しても肌へのダメージは目立ちにくいようです。それが30代になると毛穴の開きや皮膚のシミがだんだんはっきりとしてきて、口の周りが黒くくすんで見えたり、実年齢より年上に見られてしまう場合もあるでしょう。毛抜きのヒゲ脱毛は青ひげの防止にはなりますが、肌がボロボロになってしまうので注意が必要です。

 

レーザーによる脱毛方法が人気

針やレーザーを使って永久脱毛するヒゲの脱毛方法があるといいます。近ごろではメンズエステといって男性を対象としたものも増えており、よくヒゲの永久脱毛を掲げているところもあります。ヒゲのないツルツルの肌に、レーザー脱毛によってなることが可能です。

レーザーは黒い部分にのみ反応するので、毛根に的確に働きかけることでヒゲの再生を抑止することが可能です。けれども白髪の場合には効果がなく、日焼けをかなりしている時は利用することは不可能です。エステや美容クリニックのヒゲ脱毛では、店舗選びで失敗しないように、前もってしっかり情報収集を行いましょう。低価格というだけで選択すると、永久脱毛効果が望むほど得られない場合もあるといいます。

たくさんレーザー脱毛をしているところが良いかもしれません。簡単でエステに行かずに扱える家庭用のレーザー脱毛の機器も今話題になっています。近所に脱毛できるなサロンがない人や、エステに行く時間がない人には良いのではないでしょうか。家庭用のレーザー脱毛の機器は価格と効果が比例する傾向があります。どんなに安価でも脱毛効果は10万円程度のものでなければ、思ったほどないと言われています。
プロが使うヒゲ脱毛機器に匹敵する性能がある家庭用脱毛機器も販売されていますが、高出力の器機であるほど取り扱いには注意が必要になるようです。