美白にとらわれない、シンプルな日焼け対策

もっちりとした白い肌…女性なら誰でも憧れますよね。白い肌は、チークや口紅の色が映えるので、お化粧が楽しくなります。

美白効果のあるお手入れって、どんな方法があるのでしょう。

◎まずは、紫外線対策です。
4月になり気温が高くなるのは過ごしやすいのですが、紫外線に当たる機会が増えます。
この紫外線…悪いものでは決してありません。
むしろ成長期の子供なら、ビタミンDが形成
されるなどのメリットがあるため、紫外線に当たらないといけないぐらいです。

でも、美白効果となると話は別…。
日焼け止め対策なしに外で過ごしたものなら、肌が真っ赤になり、シミ・ソバカスの原因になってしまいます。
外で過ごす日は、日焼け止めを塗る手間を省くのはやめましょう。
できれば、これからの季節は汗に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを選ぶといいですね。

すでにシミがる場合は早めにケアしてあげましょう。濃くなってくすると対処のしようが無くなるので。。。その際はピンポイントのシミ対策に適したハイドロキノンコスメがいいでしょう。

 

◎その次に大切なお手入れは、保湿です。
日焼けした肌は、ほったらかしにしてはいけません。これでもかというぐらい、化粧水をつけることが重要です。
コットンに化粧水をたっぷり付け、3分間ぐらいパックをするのもオススメですよ。荒れてしまった肌に水分を与え、肌のキメを整えましょう。

白い肌を保つ為に、サングラスにつばの広い帽子、さらに真っ黒な日傘をさして歩いている人を見掛けます。そういう人を見掛けると、何の為に美白を心掛けているのか、疑問に思ったりします。

美白にとらわれず、お手入れは忘れない!
紫外線の強い季節を楽しめるといいですね。